キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル
理学療法士、そして現役セラピストLISA KAKUTAが「筋肉骨格」から読み解ける信頼されるセラピストを増やします。
  1. お問い合わせ
  2. よくある質問


「担当をお願いされることが増えています」?受講生の声?

先日、
「姿勢バランス調整テクニック講座」
を御受講いただいたお客様に
インタビュー形式で、
アンケートにお答えいただきましたハート

 

 

 解剖、セラピスト、骨盤調整、角田里紗、トリートメント、東京世田谷
 
 
 
  1. 受講しようと思った動機はなんですか?

現在勤めている、リラクゼーションセラピストの仕事で、
クライアント様の、お体の状態に変化がしない方がいました。

主訴以外に原因があるとは思っていたが、
具体的にどうしたらいいかが分からず、
体全体の考察を深めたいという理由で参加しました。

 
  1. なぜ?リサさんの講座にしたのか
以前に、リサさんの「プロとして女性を癒す女神マインドを育む講座」の参加の際、自分が、考察が弱いことに気づきました。

リサさんが理学療法士の経験があることと、
アロマセラピストとして活動されていることもあり、
体の話を真剣に学べると思ったからです。

命の現場の厳しさを知っているからこそ、
施術者としての意識が高いリサさんからビシバシ学びたいと思いました。
  1. 参加してみてどうだったか

「考察」に重きを置いてくださっていたからこそ、
考察するために必要な知識に特化していてありがたかったです。

消化しきれていない部分もありましたが、
その後の症例報告の際に実践を踏む中で、
腑に落ちていくこともありました。
 
「2Dではなく、体を3Dで見ること」この意識が、
受講前と後での大きな違いです。

解剖学や、筋連結など、まだまだ未熟な部分はありますが、
学び続けていきます! 
 
  1.    その後の仕事の変化について

 施術前に、少しの時間だけでも
考察で読み取れる所から
どこの筋肉に緊張があるのかが、
予測できるようになりつつあります。

(全身の筋連結の関連までは、まだまだですが、、、)

 体の構造と知っていることは、
クライアント様にとっての安心・信頼にも
つながると実感しています。

おかげさまで、最近は女性のお客様から
担当を依頼されることが増えています。

 


今回1期の御二人は、
昨年登壇させていただきました
サロンスキルアップ講座で、「受講するぞ!」って
決めていただいていたようです。


私がこの講座の時に、
「カウンセリングのコツ」お話をさせていただきました。


その時、多分「冷え」のお話を
させていただいたのですね。


その時の私はこんなふうに、
受講生の皆様にきいたように
覚えています。


私:『お客様に「冷え」があった場合、
  どんな 評価項目がありますか?
  どんな 聞き方、カウンセリングをしますか?

  どんなふうに 
  お客様の「冷え」があるとわかりますか?
  どのようにして、その根本原因を追求しますか?』



表現は少し違ったかもしれませんが、
そのように質問しました。


しかしながら、
その時かえってきた内容は・・・



受講生:触る?!


私:『え?! それだけ?! 他には?!』
 

もうカルチャーショック、笑。


「冷え」を取り巻く原因は、
沢山あるのだと思うのです。
 
 
 
冷えを作る原因はざっとあげると
熱量をつくる、筋力低下、
冷えを産み出す 食事、内臓の弱り
循環をうみだす 運動の不足等等

 
 

生理解剖をきちんと
理解していたら、


冷えがおこる原因を推測し、
カウンセリング時に簡単に
聞けると思うのですよ。

 
 
1回の施術で
結果が出せるのか、出せないのか?




1回で結果が出せない事象の場合、
じゃあ、
今の施術の目的をどこにおくのか?
それがすごい大事です。



施術の目的に関しては、
また次の記事で
書いていきますね。