キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル
理学療法士、そして現役セラピストLISA KAKUTAが「筋肉骨格」から読み解ける信頼されるセラピストを増やします。
  1. お問い合わせ
  2. よくある質問


カウンセリングは全部はきかない?初心者がはまるドツボ?

 

今日は「カウンセリング」について

お話いたします。

 

 

私の考えるカウンセリングとは、

「結果を出す」ことが 最も重要と考えます。

 

 

もちろん、セラピストの個々の考え方によっては、

 

 

 

お客様の心に寄り添うやり方

おもてなしを重要とするやり方

いろいろとあると思います。

 

 

 

今回は、「結果を出す」ことに

重点を置いたお話をさせていただきますね。

 

 

 

私も、施術家として 歩みだしたとき、



最初は特に
「カウンセリング」が 難しかったです。

 

骨格調整,解剖,東京,世田谷,角田里紗

 

 

特に初心者セラピストは、
みていると


差し障りのないところから、はじめて、
目的のない聞き方のまま、
欲しい情報を得ないまま
終わってしまう
ことが
よくあります。



どういうことかというと・・・



カウンセリングのときに、
お客様の声を”鵜呑み”にしてしまうこと!
というのが、一つあります。



例えば・・・・



『肩が痛い』
『だから、ほぐしてほしい』

 

姿勢バランス調整テクニック講座

 




とお客様から言われたとします。



貴方なら、
どんな質問をお客様に しますか?



肩が凝っていて、
ほぐしてほしいと言われたから



「肩のみ」見ますか?
肩の痛みは、「肩のみ」からくるのでしょうか?



何より、お客様に聞く前に、
頭の中で、
その”質問項目”をいくつか挙げられますか?
その”質問の順番”を組み立てられますか?




私であれば、
まず 以下の項目を頭の中でば~~~っとあげます。

 

  1. 肩こりは 仕事や普段の姿勢から起きているのか?

 >>>普段のお仕事内容は?家事内容は?

 

  1. 肩こりやその痛みは どんな時に、どの程度の強さで感じるのか?

 >>>凝りや痛みが強くなる動作を実際にしてもらったり、
   その痛みの度合いを伺います。

 

  1. 肩こりに関連して、首や腰の痛みはどうか?

 >>>他の疾患を抱えていないか?他の部位の痛みはないか?
    全体像を確認します。

 

  1. 子宮の冷えはないか?

 >>>特に肩甲骨内側に痛みが強くないか?しみはないか?

 

  1. 強いストレスは受けていないか?

 >>>日常の感情やストレス状態をうかがいます

 

  1. エネルギーアタックは受けていないか?

 >>>セラピスト様や営業、接客が多い方は、
   他の方のエネルギーコードが入っていることがあるので、
   そのお仕事状況もうかがいます。



まずは、
お客様の訴えをうかがい、
その裏にあるであろう 
原因は何か?を予測し、仮説をたてます。


これがすごく大事です!!。


カウンセリングは、
お客様のココロを解きほぐす場所でも
あります。



しかしながら、
おしゃべり、無駄話をするだけでは、
当然、時間内で施術の結果は残せません。



お客様の声を最優先に伺った上で



なぜ、その「声」が発せられたのか?
根本的にどこからくるのか?

考えていく必要があるのです。
 

 


肩が痛いとお客様が訴えられたとしても、
それは、本質じゃないかもしれません。


その本質を読み解き、
本質に帰っていただくお手伝いを
するのが、私たち施術家としての
歩き方だと私は思っています。


セラピスト初心者の方は、
どうしても、「お客様に満足していただきたい!」
が焦るばかり、


お客様の声の根本を読み解く事を
忘れがち。


これだけ巷に
リラクゼーション施設や癒しが
産業化している以上、



個別対応できる力が
ものを言います。



ぜひ、カウンセリングスキル、
を磨いていきましょう♪



カウンセリングスキルを磨くと、
施術の結果も出しやすくなりますよ♪