キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル
理学療法士、そして現役セラピストLISA KAKUTAが「筋肉骨格」から読み解ける信頼されるセラピストを増やします。
  1. お問い合わせ
  2. よくある質問


子宮を愛でる瞑想会のご感想⑤

おはようございます!


心に愛を宿す
愛育成家のLISAです。


子宮を愛でる瞑想会のご感想と

その瞑想会の一部をお伝えしております。

(子宮を愛でる瞑想会は、2015年7月をもって終了。

 子宮を愛でるヒーリングセッションにて行っています。)

 

女性性,生理,骨盤ケア,子宮,出産,妊娠,不妊,結婚,東京世田谷,角田里紗

 

当瞑想会で お伝えする骨盤セルフケアは、
ご自宅でも 簡単にできるものをお伝えしております。


当瞑想会では、
基本的には、あぐら位で行っています。

 


しかし、
もちろん、骨盤周りや股関節周囲が硬い方も
沢山いらっしゃいますので、その際には、
クッション等併用して、
楽な姿勢で、瞑想に取り組んでいただいております。



では、なぜ、あぐら位?!を取るのか?!
それは、いくつかの理由があります。
 

  • 瞑想に必要な ”腹式呼吸”を 意識しやすい。
  • 骨盤~背骨のラインを ” まっすぐにする ”ということを感じやすい。
  • お尻~足全体という広い面で、地面(床)を感じて、グランディングを助ける。
  • 床との接地面が多い分、土台が安定し、丹田に意識を向けやすい。


等の理由があります。
が、もちろん、硬さなどから、お痛みが出る方もいらっしゃいますので、
その際は、椅子に座った姿勢でもよろしいかと思います。


どちらにせよ、無理のない範囲で行っていただくことが良いと思います。



私達の日常において、普段は、
あぐら位になることが、少なくなっています。
骨盤周囲や股関節周囲の筋肉は 硬くなりやすいです。


また、いつも忙しい現代人は、頭がフル回転状態。
そうなると、意識はここに在らず・・・な事も多いのが事実です。
意識・氣をお腹(丹田)におろし、心を落ち着ける必要があります。


そのため、肉体的にも、精神的にも安定した あぐら位をとっていただくために
骨盤体操を、瞑想前に必ず行います。


以下、子宮を愛でる瞑想会の
ご感想です。(記事掲載の許可はいただいております。)
 

 

A.K様 30代


骨盤体操は、自宅でも出来そうです。骨盤周りの筋肉が固い事で、足の付け根がいたくなる事が日常でありましたが、教えていただいた体操で、和らぐときき、安心しました。ありがとうございます。また、性に関する偏ったイメージが流れていて、自分自身も強く影響をうけていると実感しました。自分の身体をしることができ、より骨盤ケアの必要性をかんじました。ありがとうございます。
 
 
A.K様 20代

大変満足で、心と内蔵・骨格を感じることができました。骨盤体操は男性にも伝えてみようと思いました。自分の身体の固さを久しぶりに感じました。性について、ポジティブに考えようと思いました。ありがとうございました。

 

 

M.I様 20代

女性に生まれてきて良かったと思いました。生理に対してもマイナスなイメージしかなかったので・・・・。骨盤体操は、毎回自宅でやってみて自分のここがいたかったんだ~といつも感じます。LISAさんのお話をきいて、性に対して、あまり触れたくないと思っていました。イメージが大分かわってきました。

 

 

K.K様 30代

WS終了時、気持ちが軽くなった気がしました。骨盤体操は、自宅でも続けていけそうです。腹筋が大変です。今日はありがとうございました。自分自身のメンテナンスに活用していきたいと思います。

 

 

 

女性性,生理,骨盤ケア,子宮,出産,妊娠,不妊,結婚,東京世田谷,角田里紗

 

セラピスト・エステティシャン,筋肉骨格,骨盤調整講座